ノルマンディー2018年産2次募集検討【8:所属予定厩舎の近3年成績】

f:id:s-bellto:20190920235129p:plain

ノルマンディー2018年産2次募集検討の第8弾は所属予定厩舎の直近3年成績についてです。

期間は2017年、2018年、2019年12月8日までの3年間、芝・ダート・障害を含む全成績となっています。1次募集時は2019年夏競馬までデータでしたので、比較する際はその点を考慮してご判断ください。

f:id:s-bellto:20191215183327p:plain

この時期の募集なのでやむを得ないとはいえ、中位から下位の厩舎が多くなっています。その中で目を引くのは【サマーロコガールの18】の伊藤圭三厩舎。調教師歴20年を超えるベテランながら、開業以来ベストとなる33勝をあげていて好調です。岡田スタッド&ノルマン自慢の血統だけに、クラブ側の期待が表れているようにみえます。

【プラチナベールの18】は栗東・吉村厩舎。こちらもコンスタントに20勝前後をあげる中位安定の厩舎です。

今回は以上です。次回は各厩舎のノルマンディー馬成績をまとめたいと思います。明後日12/17の夜までにはアップできるようがんばります!