ノルマンディー2018年産2次募集検討【3:父馬の直近3年成績】

f:id:s-bellto:20190920235129p:plain

ノルマンディー2018年産2次募集検討の第3弾は父馬の直近3年成績についてです。

そのまえに、昨日12/6に募集価格が追加発表されました。今年の2次募集はまさかの小出しマンディーで、焦らしマンディーとなりました。価格も所属厩舎も絶対決まってるでしょ(笑)

という訳で、総額を一口価格に変えて、一覧表に追加しました。

f:id:s-bellto:20191207222744p:plain

とにかく安い!ほとんどが2万円代で、1万円代牝馬が2頭。最安は岡田スタッドでないゴッホ産駒のセール馬【ゴールドリュージュの18】でなんと16000円。この中からお宝を引き当ててこそ真のノルマンディスト。検討のしがいがありますね!

ここからが今回の本題。個性的な種牡馬のラインナップであるからこそ、実力と勢いをを知っておきたいところ。直近の成績とリーディング順位をまとめてみました。最上段が2019年、2018年、2017年と続きます。勢いを知る目的から芝・ダート・障害すべてを含む成績としています。2019年は12月1日終了時点の成績です。

f:id:s-bellto:20191207230127p:plain

これを見ると、リーディング中位程度で安定の種牡馬が多く、自分の好みに応じてどこからでも狙えるような印象を持ちました。また、1次募集の時にも触れましたが、少し気になるのがマツリダゴッホ&ロージズインメイ。徐々にですが勝利数、出走数ともに減らしています。このあたりがセール購入140.4万円に繋がっているのかもしれません。とはいえ、まだまだ老け込む年齢でもなく、巻き返しは十分可能だと期待しています。

今回は以上です。