歴史的名牝誕生、デアリングタクトおめでとう!

f:id:s-bellto:20200524225125p:plain

f:id:s-bellto:20200523214302p:plain

 

あえて言おう、日本競馬の歴史が動いた、と。

デアリングタクト、やった~!!

 

毎週金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いができればと考えておりますが、今回はオークス制覇のデアリングタクト特別編です。

 【今週の勝利馬】
日曜・東京11R 優駿牝馬(GⅠ・牝・芝2400)デアリングタクト1着

当初の想定どおり、前日段階から圧倒的な1番人気に推されたデアリングタクト。最終的には大口がドカっと入り、単勝1.6倍の評価でレースを迎えることとなりました。

枠は2枠4番。桜花賞では母母デアリングハートと同じ馬番でしたが、今回は父母シーザリオの時と同じ馬番となったのは運命としか言いようがありません。

この週の馬場はマイル戦で1分31秒台が出る程の高速馬場。さりとて逃げ残りはなく、差し・追い込みが決まるレースばかりで上がり33秒台が必須。デアリングタクトに向きそうな感じで期待が高まります。

今回も無観客の中でのパドック。馬体重は増減なし、馬体も筋肉ムチムチで完璧な仕上げに成功したのは誰の目にも明らかでしたが、発汗が多く、テンションが上がりそうなところをなんとか抑えている様子でした。本馬場入場、返し馬は私の見た中継では映っておりませんでしたが、レース後の情報によると、パドック終盤から本馬場入場にかけてはかなり気合が入ってしまっていたらしく、返し馬は慎重に、慎重にラチ沿いをゆっくりと進めていたとのことでした。

いよいよファンファーレ。ゲートにはスムーズに収まり、レーススタート!両隣の馬と比べると若干遅れた発馬となりますが、慌てずに内目の中団やや後方のポジションへ。1コーナーを回るあたりで少し進路が狭くなりかけた様子も見えましたが、なんとか凌いで後方のポジションのまま進んでいきます。

バックストレッチあたりではリズムよい走りを見せますが、すぐ後方にはデゼルを含め社台RHの勝負服が3頭と同じく社台系キャロットの勝負服が追走してきます。なんとも不気味。前半1000mは59.8秒と平均ペースで流れる中、デアリングタクトはまだ12番手で我慢の展開となります。

3コーナーへと進入する場面。デアリングタクトの内にいた緑帽の社台RH・11番リリーピュアハートに馬体をぶつけられ、外にはじかれている様子がはっきりと映像に映っていました。(何すんねん、祐一!)

勝負どころの3コーナーから4コーナー、早めに外へ出して進路を確保したい松山騎手の思惑を察知してのことでしょう、ぴったり外側をピンク帽のキャロット・18番サンクテュエールのルメール騎手が抑えこんできます。4コーナーを回り、直線を向いても絶対に譲らんとばかりに進路をあけてくれません。(ルメール、やりやがったな!)

残り400、再度、外側の進路を狙いますが、しっかりとブロックするルメール騎手&シルクの川田騎手。ここで松山騎手は作戦を変更、内側を走る2頭の間を狙うことにします。

ギリギリのタイミングで間を割ることに成功、しかし、前とはまだ4~5馬身の差。並みの馬なら万事休すだったでしょうが、残り200、松山騎手の右ムチ連打に応えてグングン加速するデアリングタクト。前も止まってはいないにも関わらず、次元の違う末脚をみせて、残り50で前2頭を捕らえきり、最後は半馬身差をつけてゴール!63年ぶりとなる無敗のオークス馬誕生の瞬間となりました!

「ノルマンごときに2冠制覇などさせてなるものか。ダミアン君、わかってるね」と闇の支配者から指令がでていることでしょう(笑)

と陰謀論を唱えてみましたが、社台RH3頭&ルメール騎手の動きをみると、2冠阻止に向けて、手厳しいマークにあったことは否めません。相当に苦しい競馬となりました。それをはねのけての2冠達成。しかも、2着3着にウインレーシングの馬(代表・岡田義弘氏は岡田総帥の三男)ということで、第81回オークスは『岡田ー岡田ー岡田』の岡田一族の大勝利!となりました。素晴らしいです。

デアリングタクトの出資者ではない、私しらべるとですが、今回も我が事のように必死で応援し、感動を共有させてもらいました。ノルマン所属のデアリングタクトが勝ったことは嬉しいのですが、何より当ブログやTwitterを通じて繋がりを持たせてもらった出資者のみなさんが歓喜に包まれ、「おたおめ!」の大きな輪が広がっていることが本当に嬉しくてたまりません。 

それだけに、桜花賞後には開催されなかった「出資者祝勝会」が今度こそ開催され、そして2020年10月18日京都競馬場に出資者の皆さんが集い、高らかに3本指を掲げられる日がくることを楽しみにしています。

数々の苦難を乗り越えて勝利に導いてくれた松山騎手、最高の仕上げで本番に送り出してくれた杉山厩舎&宇治田原優駿ステーブルさん、「パンパンパーン」と遠く北海道から応援してくれた故郷の長谷川牧場さん、そしてノルマンディーに関わる全ての人々、みんなで成し遂げた偉業達成です。

それでは今後のデアリングタクトの無事と活躍を祈念しまして、今回もご唱和ください。

 

 

デアリングタクト、おめでとう!

ノルマンディー、おめでとう!

 

ばんざーい\(^o^)/

ばんざーい\(^o^)/

ばんざーい\(^o^)/

 

【追記】関西テレビさんのTwitter公式が全4レースのダイジェスト版をアップしてくれました。最高です!