ラヴノットおめでとう!&今週のレース結果

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

信じ続けたっていいじゃない、ノルマンディーだもの

 

毎週金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いができればと考えております。

 それでは今週の結果です。

【今週の勝利馬】
☆土曜・新潟7R 1勝クラス(牝・ダ1200)ラヴノット1着

2018年、デビューから3戦、勝利とはならず、中央残留をかけた笠松で値千金の勝利。その後、1勝クラスで苦戦の日々が続く中でも懸命に走り続けたラヴノット。前々走5着、前走5着といよいよ目途がたってきたところで挑む今回。鞍上は3戦連続となる2年目の若手・小林凌大(りょうた)騎手、7番人気12.7倍と前走以上の評価を得て勝利を目指します。

ゲートの飛び出しはタイミングばっちりで好スタートに成功。そのまま前へと出していきます。他馬も前を取りたい馬が多く、無理な競り合いは控えて4番手からの競馬を選択します。リズムのよい走りをみせ、4コーナー手前では早くも抑えきれない手応え。直線を向く頃には先頭に並びかける勢いで上がっていきます。最内の逃げ馬が逃げ切りを図ろうとしますが、そうはさせじとラヴノットが懸命に追い上げ。逃げ馬がバテて、最後は番手を走っていた馬との併せ馬となりますが、脚色は完全にラヴノットが上。残り100で半馬身抜け出してそのままゴール!待望の中央初勝利を飾りました。

これまでの戦績をみれば、他のクラブであれば見切りをつけられていたはず。諦めずに戦い続けた関係者のみなさん、信じ続けた出資者のみなさんの愛が実を結んだ勝利でしょう。命名者さんの見立てどおりでしたね。

また、5回目の騎乗で見事勝利に導いてくれた小林凌大騎手。レースを重ねるごとにラヴノットの特徴を掴み、持てる力を最大限発揮させてくれました。「結果が出てない馬だし・・・」ではなく、「与えられたチャンスをモノにしたい」という熱意が連続騎乗に繋がり、勝利に結びついた好騎乗でありました。ありがとう、凌大騎手!

2桁人気・2桁着順の中から光明を見出しての大逆転勝利、これぞノルマンディーの真骨頂。後世に語り継ぎたい1勝となりました。

 

他にも惜しかったのが土曜のレイヴンキング、日曜のアーネストホープ。飛越とともにスピードが求められるコースでもしっかりと対応して、両馬とも4着と健闘をみせました。相手しだいですぐに順番がきてくれることでしょう。日曜のグルアーブも昇級戦ながら5着。高速馬場にも関わらず前半3F35.6秒のスローペース。難しい競馬となりましたが、上がり33.8秒の脚を使って0.6秒差。正直、相手はなかなか強者が揃っていたようにみえますので、次走、一気に勝ち負けまで持ち込める公算が高いとみています。

5週連続勝利となりましたが、先週に続いて悲しい結末となったのがブランニューウェイ。いよいよここから、というレースを見せてくれただけに、出資者のみなさんのショックは想像できないほどのものとお察しします。

f:id:s-bellto:20200510215500p:plain

f:id:s-bellto:20200510215507p:plain