ノルマンディー2018年産2次募集検討【9:所属予定厩舎のノルマンディー馬成績】

f:id:s-bellto:20190920235129p:plain

ノルマンディー2018年産2次募集検討の第9弾は所属予定厩舎のノルマンディー馬成績についてです。

着度数は地方を含む全成績です。厩舎はJRA所属時の最終厩舎ですので、その後に地方で勝利した場合は勝ち星は入っていても当該厩舎での実績ではない場合があります。収得賞金の有無で判断していただくとよいかと思います。

f:id:s-bellto:20191217002552p:plain

リーディング順位においては中位から下位の厩舎でしたが、ノルマンディー馬においては一定の成績を残してくれている厩舎が多いように思います。

目についたところでは【タニノジャドールの18】の中川公成厩舎。3頭預託で2頭が勝利。2歳馬リュードマンも新馬戦3着で勝利は目の前。GⅠ馬の弟を預けるだけに実績ある厩舎をチョイスしてきた印象です。【ユメザンマイの18】は稲垣幸雄厩舎。代表馬であるルグランパントルのような息の長い活躍をしてくれればいい夢が見られそうです。【メイショウガザニアの18】を含めて、この厩舎の配置を見る限り、牡の3頭にクラブが自信を持っている気配をうっすら感じます。

 今回は以上となります。