ノルマンディー2018年産1次募集検討【7:生まれ月の有利不利】

f:id:s-bellto:20190920235129p:plain

ノルマンディー2018年産1次募集検討の第7弾は募集馬の生まれ月の有利不利についてです。

昨日の記事「競馬しらべる研究所012」においてJRA全馬における出生月別の成績をしらべました。こちらをご覧いただいてからの方が今回の記事の内容が伝わるかと思いますので、よろしければぜひ。

 

この記事の結論は

『ダートより芝で影響がとても大きい。時期はおおむね2歳と3歳まで』

『牝より牡で影響が大きい。時期はおおむね2歳と3歳まで』

 としました。

それでは本題。1次募集馬と同じ出生月のJRA全馬(2015年~2019年夏競馬まで)について、2歳時・3歳時の勝率をまとめました。「牡・芝」「牝・芝」「牡・ダート」「牝・ダート」の4区分での勝率を使用しています。

f:id:s-bellto:20190927000245p:plain

まずは牡馬について、『2月生まれは2歳・3歳ともに有利。特に芝!』です。3頭が該当しますが、中でも芝よりの血統である【カネツスペシャルの18(父ノヴェリスト)】、【モトヒメの18(父マツリダゴッホ)】はプラス要素であるといえます。一方で、『5月生まれは芝では少し不利、ダートではほぼ影響なし』となっており、4頭が該当します。芝向き馬を狙う場合は3歳戦からが本領発揮となる可能性もあることを、頭の片隅に入れておいてよさそうです。

続いて牝馬について、『2月生まれは芝においては2歳・3歳ともに少し有利』です。【サビアーレの18(父ゴールドシップ)】、【ピッツネイルの18(父スピルバーグ)】ともに芝寄りの父馬ですので、プラス要素であるといえます。『5月生まれは2歳時の芝では少し不利、ダートは若干不利、3歳戦はほぼ影響なし』となっており、4頭が該当します。こちらも芝向き馬を狙う場合は3歳戦からが本領発揮となるかもしれません。

今回は以上となります。この内容はあくまで全体からみた傾向ですので、5月生まれの小倉2歳S勝利馬が出る可能性もゼロではありません。ダートについては影響が小さいことがわかりましたので、芝馬の遅生まれを狙っている方が少し気にしてもらう程度でちょうどよいかと思います。

今回は以上です。次回は明日9/28の夜までにアップできればと考えています。