#セレンディピア #スペロデア おめでとう!&今週のレース結果

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

今日は成人の日じゃない、ノルマンの日じゃ~!!

 

毎週金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いができればと考えております。今週は3日開催の為、本日更新となります。

2020年待望の初勝利&2勝目がやってまいりました。Twitterはお祭り騒ぎでしたね。それではまいりましょう。

 

【今週の勝利馬①】
月曜・中山1R 3歳未勝利(ダ1200) セレンディピア1着

2020年の1番星はセレンディピア。距離短縮の前走で目途をたてる5着。とはいえ、ライバル達に新馬戦好走馬が揃い、6番人気10.4倍にとどまります。鞍上は引き続きの田辺騎手。さらなる上位を狙います。

外枠から1、2を争う好スタート。芝→ダートでの先行争いですが田辺騎手は無理をさせず、3番手に構えます。抑えきれない程の抜群の手応えで前2頭を追走し、4コーナー手前から田辺騎手の追い出しがスタート。それに応えて脚を伸ばすセレンディピア。直線を向いても前2頭がなかなかの粘りをみせますが、残り150で2番手を捕らえてあと1頭。うなる田辺騎手の右ムチ。残り100あたりで脚色の違いは歴然。きっちりとゴール手前で差し切って見事1着でゴール!

前回騎乗時の経験を活かしての先行策だったとのことで、田辺騎手お見事でした。また、「時計も速く、上でも通用するのでは」と期待高まるコメントも出てますので、次も田辺騎手とともに上を目指したいですね。出資者のみなさま、おめでとうございました!

 

【今週の勝利馬②】
月曜・京都4R 3歳新馬戦(ダ1800) スペロデア1着

同日の京都ではスペロデアが見事なデビュー戦勝利です。ライバル達の父馬をみるとトランセンドやタイムパラドックス、ヴァーミリアンにベルシャザールと現役時ダートの猛者だった馬のオンパレードでしたが、その中で父エスポワールシチーのスペロデアが堂々の1番人気・2.9倍。以前からご紹介のとおり、年末の坂路で好時計を出していたこと、そして関東馬にも関わらず遠征で武豊騎手を確保。そのあたりをファンはきっちり見ていたようです。

スタートを見事に決め、最内枠を活かして、スムーズに先行策。最短距離を進みながら、折り合いは完璧。馬群の中でも気持ちよさそうな走りをみせます。マクリ気味にしかける馬もおりますが、そこでも動きはみせず、一団馬群の最内3番手でじっくりと勝負の時を待ちます。4コーナーを回り、逃げ馬の真後ろを追走。あとはその内をいくか、外をいくか、お好きな方をどうぞ、と思える程の余裕ある手応え。豊騎手は前2頭の外を選び、ステッキを使わずとも、手綱のみでぐいぐいと加速。残り100で完全に勝負あり。あとは流すだけといった様子で力の違いを見せつける圧勝劇となりました。

レース後の豊騎手のコメントでは「乗りやすい。まだトモが緩い。まだまだよくなる」と期待が膨らむしかない内容でした。ノルマン・ダート界に新星誕生と言ってよいのではないでしょうか。また、このレースで改めて感じたのが豊騎手のうまさ。最内からまったく無駄のないレース運び、これぞ第一人者のなせるワザですね。今後、どんどんノルマン馬への騎乗をお願いしたいところです。

 

勝利の2頭の他にも、中央復帰を経ていよいよクラスに目途をたてる好走をみせたリーピングリーズン。こちらも大ベテラン・横山典騎手を背にあと一歩に迫ったコーラルティアラ。菊沢一樹騎手の積極策からみごとな逃げ粘りをみせたシークエルと惜しい競馬の連発でした。来週もこの流れに乗っていきたいですね!

 

【余談】コーラルティアラ2着のレースを見ていましたら、大外から「ブロードアピール2世」のような鬼脚でぶっ飛んできたのが3着リアンフィーユ。コーラルティアラが上がり3位で38.2秒、上がり2位の馬が37.7秒で11着に対して、リアンフィーユはなんと上がり35.6秒!超出遅れからの超追い込みだけに次がどうなるか、非常に楽しみです。次走、人気するでしょうから、馬券買うのは怖いですけどね(笑)

f:id:s-bellto:20200113222647p:plain

f:id:s-bellto:20200113222649p:plain

f:id:s-bellto:20200113222655p:plain