アリンナおめでとう!&今週のレース結果

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

孝行娘・アリンナの末脚炸裂!

鮫島克駿騎手、好騎乗ナイスぅ~っ!!

 

毎週金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いができればと考えております。

 それでは今週の結果です。

【今週の勝利馬】
☆日曜・福島11R バーデンバーデンC(3勝クラス・芝1200)アリンナ1着

一年前に3勝クラスに昇級以来、レースを重ねるごとに勝ち馬との着差を詰めてたアリンナ。前走は鋭い末脚をみせて3着。いよいよクラス突破の気配が漂う中で、追い切りでは美浦20位タイとなる4F52.7秒の好時計をマーク。チャンス到来と誰もが思うところですが、なぜか単勝21.0倍、10番人気の低評価。若手のホープ、鮫島克駿騎手に全てを託します。

スタートは若干立ち上がり気味となりましたが、大きな遅れにはならず、末脚発揮に向けてのマイポジション、後方に構えます。前の争いが熾烈で前半3Fが33.7秒のハイペース。3コーナー手前で後方外目の12、3番手ながら、抑えきれない手応えは誰の目にも明らか。鮫島騎手が強いゴーサインを出さずとも、徐々に進出を開始します。直線入り口ではまだ10番手。進路は大外ながら、最終週の福島の馬場で最も伸びやすい位置。この進路選択が絶妙でありました。直線に入り、ハイペースの影響か伸びあぐねる内の馬たちを横目にただ1頭、ぐんぐんと加速するアリンナ。残り100で前を射程圏に捕らえ、残り50で並びかけると一気に突き放して、最後は半馬身差をつけてゴール!

今週の出走馬紹介の記事で「末脚が切れるのは間違いありませんので、勝敗は鮫島克騎手の仕掛けどころひとつ」と書きましたが、鮫島騎手がいい仕事をしてくれました。次は北海道か、福島or新潟かはわかりませんが、オープンクラスでもキレキレの末脚を見せてくれそうですね。出資者のみなさま、おめでとうございました!

他にも惜しかったのが土曜のジュネスドール。3番手からの積極的な競馬で最後は差し馬の追撃を振り切っての3着。ここまで苦戦のレースもありましたが、間違いなく力をつけてきている印象で、勝利が手の届くところまできました。次走が楽しみですね。

4週連続勝利と勢いが止まらない中ですが、思わぬアクシデントに見舞われたホマレ、本当に残念でなりません。元気に出走して、無事に帰ってくることの大切さを改めて実感した週末でもありました。

 

f:id:s-bellto:20200503231332p:plain

f:id:s-bellto:20200503231341p:plain