ノルマンディー全世代 新馬・未勝利戦まとめ前編【しらべる007】

f:id:s-bellto:20190902230203p:plain

「しらべる研究所007」はしらべる003の2016年産の新馬・未勝利戦まとめ前編のノルマンディー全世代版です。前回のデータでは母数が少なく、なかなか傾向が見えづらかったので改めて全世代を対象としました。

 まずは、種牡馬別の全成績です。芝とダートで分けて見ていき、最低1勝している馬までのランキングとなります。

f:id:s-bellto:20190909225216p:plain

f:id:s-bellto:20190909225225p:plain

予想通り、芝はマツリダゴッホの独壇場。そしてダートは近年の活躍めざましいアイルハヴアナザーが首位となりました。この2頭を除けば、勝ち馬の父は多種多彩。自分のビビッときたお気に入りから出資馬を決めてよいでのはないでしょうか。また、外国馬は芝0勝・ダート5勝となっています。

 

続いて、生まれ月別の成績です。

f:id:s-bellto:20190909230119p:plain

f:id:s-bellto:20190909230125p:plain

早生まれが有利なような、そうとも言えないような・・・評価が難しいですね。遅生まれとされる5月生まれをみると芝で8勝の勝率9.0%、ダートも8勝の勝率7.1%。特別マイナスに考える必要はないのかもしれません。生まれ月については重要視されている方も多いと思いますので、後日JRA全馬についてしらべて、結論を出したいと思います。

今回も長くなりましたので、後編に続きます。