コーラルティアラ&アレスおめでとう!&今週のレース結果

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

春だ一番!ノルマンディー祭り (byラ〇ダさん)

 

毎週金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いができればと考えております。

 それでは今週の結果です。

【今週の勝利馬】
☆日曜・中山1R 3歳未勝利(ダ1200)コーラルティアラ1着

昨年12月のデビュー以来、2着2回で1秒以上離されたことのないコーラルティアラ。2番人気3.3倍と三つ巴のレースでチャンスは十分、5戦連続となる横山典騎手とともに勝利を目指します。

好スタートを決めますが、無理に前へは出していかず、5番手を追走していきます。4コーナー手前でも、まだ仕掛けずにジッと馬群の中で我慢。直線を向くと、典騎手の狙いどおり馬群がバラけ、目の前にビクトリーロードが広がります。渾身の左ムチに応えて、グングンと加速するコーラルティアラ。残り100で内の3頭をとらえると一気に差を広げ、3馬身差でゴール!実力と好騎乗がうまく噛み合って、待望の初勝利となりました。時計のでやすい馬場状態とはいえ1.11.1は優秀。昇級後も良いレースをみせてくれそうですね。おめでとうございました!

 

☆日曜・福島7R 1勝クラス(芝1200)アレス1着

続いての祭り会場は福島。移動制限に伴って、若手の熱い戦いが繰り広げられる中でアレスの鞍上は横山武史騎手。コーラルティアラに続き、横山家とともにレースに挑みます。前走0.1秒差の2着を評価され、堂々の1番人気・2.7倍。馬柱をみると、前走で5着以内の馬が他にはおらず、ここは決めたい!と誰もが願うレースとなりました。

好スタートを決めますが、内外のライバル達が積極的に前へ出していくのに対して、武史騎手は無理はさせずにじっくりと構えます。3コーナー手前で9番手、直線の短い福島で大丈夫か・・と思う間もなく、一気に捲りの手にでる勝負師・武史。4コーナーを回り切ったところで外から先頭に並びかけます。そのまま脚は衰えず、逆にライバル達が伸びあぐねるうちに2馬身、3馬身と差はどんどん広がり、最後は5馬身差をつけての圧勝劇。ここでは力は違いました!

抜けた1番人気だけにそつなく乗りたくなるところですが、思い切っての捲りを決めた武史騎手にアッパレを贈りたいと思います。

 

以上、2勝ゲットのノルマン軍団ですが、他にも惜しかったレースが多数。まずは土曜のオルダージュ。大混戦&田んぼダートの中、しぶとく前に食らいついての3着と結果を残してくれました。日曜の福島ではホマレ。4番手追走から強気に内を回して、懸命に前を追うも惜しい2着。こちらも武史騎手。人気薄を払拭する好騎乗、いいんじゃないでしょうか!

そして、GⅢアンタレスSに挑んだアナザートゥルース。斤量58kgが懸念されたのか、前年覇者で前走交流重賞勝ちにも関わらず7番人気・15.8倍と信じられない状況。しかし、レースでは勝ち馬の末脚にこそ屈したものの、外目から力強く伸びて、大混戦のゴール前を制して2着。某メルマガで「◎クリンチャー、〇アナザートゥルース」と予想していたM氏に「見たか!」と叫んでいる出資者の皆さんも少なくないのではないでしょうか(笑)間違いなく、力をつけているアナザートゥルース。今後も中央で、地方で、ガンガン走ってくれそうですね。最近いろいろな声が聞こえる大野騎手ですが、やはりノルマンのエースはあなたです!

先週の桜花賞制覇に続き、今週も勢いがとまらないノルマン軍団。来週もこの調子でいきましょう!

f:id:s-bellto:20200419211845p:plain

f:id:s-bellto:20200419211855p:plain