グルアーブ&バンクオブクラウズおめでとう!&今週のレース結果

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

まだまだ続く、ノルマンディー祭り!!

 

毎週金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いができればと考えております。

 それでは今週の結果です。

【今週の勝利馬】
☆土曜・東京5R 3歳未勝利(芝1400)グルアーブ1着

昨年12月のデビュー以来、3、2、2、3着と結果を残してきたグルアーブ。前走に続いて鞍上はルメール騎手、勝利に向けて万全の態勢が整い、単勝2.6倍の1番人気の評価を受けます。気になるのは初の芝レースであること。ただ、父トーセンラー産駒の勝利12勝はすべて芝でのもの。芝替わりはプラスに働く、と誰もが期待してのレースとなります。

スタートは五分、無理に前へは出していかず、中団やや後方でじっくりとレースを進めます。4コーナー手前でも、動かずにチャンスを待つルメール騎手。開幕週を考慮してか、外には回さず、バラける馬群の間隙を縫うように、ロスなく脚を伸ばし始めます。残り200、先行馬が先に抜け出し、差し馬1頭が追いあげる状況で、グルアーブはまだ5番手。しかし、そこからさらに加速し、外から前2頭を懸命に追います。内・中・外、馬体を併せたところがゴール。レース映像では際どい競り合いかと思いましたが、ストップモーションで文句なし頭ひとつ抜け出たのは我らがグルアーブ!待望の初勝利を飾った瞬間となりました。

グルアーブの実力あってこそとはいえ、東京の長い直線を活かし、絶妙のタイミングで差し切ったルメール騎手。並のジョッキーであれば惜しくも届かず3着、の可能性が高い展開だったと思います。ここを勝ちに結び付けるのがリーディングジョッキーの腕。「ノルマン×ルメール=最強!」と言い続けてきましたが、これでノルマン馬騎乗の通算成績が【10-1-3-9】。驚異の勝率43%です。今後もどんどんノルマン馬を勝たせてほしいですね!

 

☆日曜・京都6R 1勝クラス(ダ1800)バンクオブクラウズ1着

続いての祭り会場は京都。前走、同クラス好走馬がおらず、未勝利勝ち昇級馬が多い混戦のメンバーでしたが、バンクオブクラウズは6番人気16.9倍。鞍上は異色の経歴を持つ苦労人、藤井勘一郎騎手との初コンビで勝利を目指します。

好スタートを決めますが、外からライバル達が積極的に前へ出していくのに対して、藤井騎手は中団内目のポジションで無理はさせません。2コーナーあたりでは外へ出し、中団やや前目あたりの好位置をキープ。前半1000mが61.5秒のハイペースを見ながら進み、4コーナー手前あたりから仕掛けを開始。ゴリゴリと力強く手綱をしごく藤井騎手がハッキリと映像で確認できます。直線に入り、前に並びかけると、脚色は完全にバンクオブクラウズ。藤井騎手の右ムチがさらにうなり、前を捕らえて、かわして1馬身差。最後は外から2頭が追い上げてきますが、もうひと伸び、しのぎきってゴール!

藤井騎手の力強い追いっぷりとバンクオブクラウズの力強い走りがうまく噛み合って、昇級わずか2走目での1勝クラス突破。素晴らしいです!ちなみに、現在出資受付中の半妹・アイルハヴアナザー×サマーロコガールのグラスピレがこの勝利で一気に出資者が増えて、残り100口を切ったようです。今日の力強い走りをみると、アイルハヴアナザーに変わる牝馬でも、もちろん期待ができそうですよね。

  

以上、2週連続で2勝ゲットのノルマン軍団、他にも見せ場たっぷりでした。まずは土曜のファイナルマズル。勝ち馬にこそ届きませんでしたが、混戦の中で脚を伸ばして3着。堅実に着を拾いながら、成長をとげる姿はノルマン軍団の真骨頂。次走こそ勝利を期待したいですね。同じく土曜の福島ではリーピングリーズン。昇級戦で人気薄ながら、終始リズムのよい走りをみせて見事な2着。いよいよ良血開花のきざし、次は人気を背負いそうですが、他馬をねじ伏せて欲しいところです。

まだまだ続く、春だ一番ノルマンディー祭り。来週には我が愛馬カーヴィーレーザーが出走予定です。乗っていきたい、このビッグウェーブに!

 

f:id:s-bellto:20200426173454p:plain

f:id:s-bellto:20200426173503p:plain